写真をアレンジしてから印刷しよう

SNSなどで、写真をアレンジするのが流行っています。普通の長方形の写真ではなく、正方形に写真を加工したり、その周囲に枠をつけたりすることもできます。デジカメでありながら、昔ながらのポラロイド写真風に見せることもできるのです。ただ、これを印刷するとなると、普通の長方形の印画紙ではうまくいきません。そういうときには、便利なアプリなどで写真をアレンジし、サイズをそろえてから印刷するといいです。たとえば正方形の写真をL判の大きさに合わせてコラージュして、それをプリントアウトするのです。一枚のL判の写真よりおしゃれですし、L判の中に複数の写真を入れられるので、よりお得です。今はスマートフォンなどで写真をアレンジしたりコラージュして、それをそのままネット経由でコンビニプリントできます。手軽に写真を遊べる時代になりました。

写真を印刷して手帳に貼る楽しさ

ある有名な手帳は、いろいろな使い方ができることでたくさんの人に愛されています。中でも多いのが、写真を貼って日記として使う方法です。最近はスマートフォンやデジタルカメラの普及率も高く、写真を撮ることも増えて来ていますが、データとして埋もれてしまうことも多いです。それをプリントアウトして手帳に貼ることで、より写真を撮る楽しみが増し、さらに手帳も楽しくなるそうです。今はデジカメデータを印刷できるプリンターもありますので、パソコンが分からなくてもプリントできます。そんな機器を買うのはもったいない、という人は、コンビニでもプリントアウトできます。私も、デジタルだけのデータだとそれがなくなったときに悲しいので、大事な写真はプリントアウトしてアナログで残すようにしています。機器をわざわざ操作するのではなく、手帳を開くとすぐ見えるというのは、やはりいいものです。

印刷の歴史を勉強しよう

我々の生活には、印刷という行為は必要不可欠なものです。書籍や新聞がそれによって成り立っているのは勿論の事、オフィスや家庭でプリンターを使って文書や写真などをプリントアウトする行為も、然りです。しかし、その歴史や実態については、体系的に学ぶ機会は滅多になく、一般的には余り知られていないのが実情です。インターネットで調べる方法もありますが、実物を見学するなどして、もっと生の情報を知りたい場合もあるでしょう。そのような場合は、印刷を専門とする博物館があるので、そこを訪れてみると良いでしょう。それは、東京都の文京区にありますが、古代から現代に至るまでの歴史を、貴重な実物やテキスト、動画などにより、楽しみながら体系的に学ぶ事が出来ます。又、実際の印刷コーナーもあり、現場の様子を見る事も出来るなど、盛りだくさんの展示内容です。

デジカメの画像をそのまま使用可能です!ただ解像度が低い場合は、画像がきれいに仕上がらないこともあるのでご注意ください。タブロイド印刷、色紙風チラシ印刷も対応。面倒な納期カウントが自動で計算できます。是非ご利用ください。印刷通販のウェブプレスは「安さと品質に自信あり。しかも親切で丁寧!」な激安印刷通販サイトです。折込チラシを考えているお客様に弊社からのご提案。低価格印刷ならお任せください。

コメントは受け付けていません。